Nicest Suburbs

Avadi, Tamil Nadu, India

アバディは、インドのタミル・ナードゥ州にあるにぎやかな郊外です。タミル・ナードゥ州の州都チェンナイから西へ約24km。その豊かな歴史、活気に満ちた文化、急速に発展するインフラにより、アバディは多くの個人や家族にとって人気の居住地となっています。

2021 年の入手可能な最新データの時点で、アバディの人口は約 345,000 人です。この都市は、戦略的な場所、手頃な価格の住宅オプション、および主要な工業地域への近さにより、長年にわたって大幅な成長を遂げてきました。アバディは、車道や鉄道などのさまざまな交通手段を通じてチェンナイとの接続が良好です。

アバディは快適な気候で知られており、この地域は年間を通じて熱帯気候に恵まれています。夏は高温多湿で、気温は摂氏 40 度を超えることが多く、冬は温暖で快適で、気温は摂氏 20 ~ 30 度です。モンスーン シーズンには中程度から大雨が降り、通常は 10 月から 12 月の間に発生します。

アバディで最も際立ったエリアの 1 つはプーナマリーです。アヴァディの近くに位置するプーナマリーは、居住者に穏やかで平和な環境を提供しています。豊かな緑と広い道路、計画的なレイアウトが特徴のエリアです。プーナマリーの住宅オプションは、手頃な価格のアパートから豪華なヴィラまでさまざまです。プーナマリーの 2BHK アパートの平均価格は約 4 万ルピーですが、独立した家屋はサイズと設備に応じて 8 万ルピーから数ルピーまでさまざまです。

アバディとその周辺地域の交通機関はよく発達しています。この都市は、主要なジャンクションであり、重要な輸送ハブとして機能するアバディ鉄道駅を介してチェンナイに接続されています。アバディとチェンナイのさまざまな場所を結ぶ定期的な郊外電車サービスは、住民の通勤を便利にします。さらに、チェンナイ外環状道路 (ORR) がアバディを通過しているため、市内の他の地域へのアクセスも容易です。

安全性はどの地域の住民にとっても重要な関心事であり、Avadi は堅牢なセキュリティ対策を通じて住民の幸福を保証します。アバディ警察署は、地域の法と秩序を維持し、コミュニティから提起された懸念や問題に迅速に対処する責任があります。地方行政はまた、住民の安全を確保するための意識向上プログラムとイニシアチブを組織しています。

アバディには、遠くからも訪れる人々を魅了する有名なランドマークがいくつかあります。そのようなランドマークの 1 つは、Chembarambakkam 湖としても知られる Avadi タンクです。この巨大な貯水池は、チェンナイの主要な飲料水源として機能するだけでなく、レクリエーション活動のための絵のように美しい環境も提供します。女神カマクシに捧げられた歴史的なカマクシ アンマン寺院は、複雑な建築と精神的な重要性で知られるアバディのもう 1 つの著名な宗教施設です。

公人に関しては、アバディはさまざまな有名な人物の本拠地です。著名な政治家、芸術家、スポーツ選手がアバディにルーツを持ち、街の文化的構造に貢献しています。ただし、現在アバディに居住している公人に関する具体的な情報はすぐには入手できません。

アバディには、さまざまな分野に従事する多様で勤勉な人々が住んでいます。この都市には強力な工業的プレゼンスがあり、この地域にはいくつかの製造ユニットと防衛施設があります。兵器工場委員会の主要な防衛生産部門である重車両工場 (HVF) は、アバディの重要な雇用主の 1 つであり、地域経済に貢献し、住民に雇用機会を提供しています。